渋谷の歯科で切開範囲の狭いインプラント手術

  • 麻酔専門医が常勤する渋谷のインプラント歯科

    • 渋谷にはインプラント専門の歯科クリニックがあります。


      インプラントというのは、人工歯根を顎の骨に埋め込みそこを土台にしてセラミックなどの人工の歯を付ける先進治療です。



      人工の歯根を顎の骨に埋めるので、治療は手術を伴います。渋谷の専門歯科では、無痛治療に力を入れています。

      そのため、痛いのが怖いという患者さんも安心して快適なインプラント治療を受けることができます。

      エキサイトニュースのホームページをチェックしましょう。

      渋谷の専門歯科には、安全な麻酔処置のもとで手術を行うために麻酔専門の先生が常勤しています。

      無痛治療の麻酔には、表面麻酔・予備麻酔・電動注射器などがあります。

      スプレーや塗布で注射をする部位の歯肉の感覚を鈍くしたり、一定のスピードで薬剤を注入することで痛みを軽くする電動の注射器などが使われています。


      また麻酔薬が冷たいと痛みの感覚が強くなるので、使用する薬剤は体温前後に保温されたものを使っています。


      麻酔の薬剤で痛みを軽減することに加え、渋谷のインプラント専門歯科医院では各種の鎮静法も導入しています。

      鎮静法では、精神的なリラックスをはかります。

      主な鎮静法は、笑気ガス鎮静と静脈内鎮静です。

      笑気ガスは小児の歯科治療でも使われる安全な鎮静法で、恐怖感や不安感を和らげる効果があります。



      静脈内鎮静法では、安定剤や痛み止めを静脈に点滴しリラックスした状態でオペに臨みます。


      静脈内に薬剤を注入しますが、全身麻酔のように意識がなくなることはなくスタッフと会話もできるうとうととした状態で手術が終わります。


      渋谷のインプラント歯科では、オペ中は吸い専門医がモニターなどで全身状態を常に確認して安全な手術をしています。