渋谷の歯科で切開範囲の狭いインプラント手術

  • 静脈内鎮静を行う渋谷のインプラント歯科

    • 渋谷に専門クリニックのあるインプラントの治療では、チタンなどでできた人工の歯根を顎の骨に埋め込む手術をします。
      歯科医院での治療というと、痛みが怖い・治療自体が怖いという方が少なくありませんがインプラント治療は従来の入れ歯やブリッジとは違って、1本ずつ治療するので他の歯に影響がなく、また人工歯根が顎の骨に直結しているので食事をした時の噛む力が点寝ての歯に近い形で伝わり快適です。
      この、第2の永久歯とも呼ばれる最先端の治療を痛みが不安という方にも安心して受けてもらえるよう、渋谷のインプラント歯科では無痛治療に力を入れています。

      無痛治療では予備麻酔や電動注射器を使うことがよく知られています。また、麻酔薬を体温程度に温めておくことでも痛みの軽減が可能です。


      渋谷のインプラント歯科では、各種の麻酔に加えて鎮静法も行っています。

      鎮静法は、精神的なリラックスをはかって治療に対する不安感を鎮めるために用いられます。

      渋谷の専門クリニックで導入している鎮静法のひとつに、静脈内鎮静があります。



      静脈内鎮静では、向精神薬や痛み止めなどを点滴で静脈内に注射します。



      静脈への点滴とはいっても全身麻酔のように眠ってしまうことはなく、うとうととした意識の中スタッフと会話もできる状態で手術が終わります。

      ジョルダンニュース!にはこちらのサイトが最適です。

      渋谷のインプラント歯科では、安心の無痛治療、安全な手術のために常勤する麻酔専門医が無痛のための麻酔や静脈内鎮静を行い、オペ中は全身状態をモニターでチェックしています。